金沢のおすすめ着物レンタル店&撮影スポット4選 » さっそく金沢を歩こう!

金沢の歩き方を紹介!

1:金沢駅

スタート地点は、金沢の玄関口である金沢駅。フォトジェニックなスポットがたくさんあり、ガラスの建造物「もてなしドーム」、その正面にある金沢の新たなシンボル「鼓門」は外せません。九谷焼や輪島塗、山中漆器など加賀百万石の伝統工芸が駅の随所に取り入れられており、まるで美術館のようなメインターミナル駅です。

2:着物レンタル花恋(着替え)

金沢駅前からバスで18分ほど。「兼六園下」で下車、徒歩1分の場所にある着物レンタル花恋。兼六園のメインストリート入り口にあります。着物に着替えて、金沢の街を散策です。不要な荷物は預かってくれるので、身軽に動けます。

3:兼六園

着物レンタル花恋から目と鼻の先、金沢随一の観光スポット「兼六園」。日本三名園の一つであり、霞ケ池の畔にある徽軫灯籠や冬の雪吊りは金沢の象徴でもあります。手入れの行き届いた曲水や苔の緑の美しさを楽しみつつ、着物での散策が絵になる場所です。

4:金沢城公園

兼六園桂坂口より石川橋を渡ると、その先には見事な石積みの金沢城石川門が。復元された菱櫓や五十間長屋、橋爪門続櫓、河北門など、まるでタイムスリップしたような雰囲気が味わえます。

5:金沢21世紀美術館

玉泉院丸口よりしいのき迎賓館を抜け、徒歩6分ほどの場所に「金沢21世紀美術館」があります。
表と裏のないガラスのアートサークル状の、正面や裏側といった区別のない円形デザイン。展示室やカフェレストラン、アートライブラリーなどが、回廊にそって配置されています。

6:近江町市場(お昼)

「広坂・21世紀美術館」から金沢駅行きのバスで10分ほどの場所にある、金沢の台所・近江町市場。近江商人が作ったことからこう呼ばれるようになりましたが、地元では「おみちょ」呼ばれ親しまれています。金沢の郷土料理を堪能するのにピッタリ。

7:ひがし茶屋街

バスで10分ほどの場所にあるひがし茶屋街。金沢3茶屋街の一つで、金箔工芸の店やお土産雑貨が軒を並べる観光名所。春になると、桜がきれいなことでも有名です。

8:宿泊施設(着物返却)

「着物レンタル花恋」の着物返却は、ホテルからも返却可能。お店に預けた洋服や荷物は、18時までにフロントに届けられていますので、返却時に入っていた袋にレンタル着物と小物をいれ、翌日のチェックアウト時にフロントに預けて返却完了です。

【金沢の歩き方】
雨や雪の日の
着物での注意点をチェック!

インスタ映え
間違いなし!

金沢のおすすめ撮影スポット
&着物レンタル店4

イメージ

引用元HP:金沢きもの花恋
https://www.kimono-karen.jp/

着物レンタルなら行きたい観光地から近い店舗がおすすめ!

着付けがしっかりした状態で写真を撮るなら、着物レンタル店舗は行きたい観光地に近い店舗を選ぶのがおすすめです。そこで金沢のおすすめ撮影スポットと各スポットに近い着物レンタル店舗を4選ピックアップしました。

観光地&店舗4選の
詳細はこちら