金沢のおすすめ着物レンタル店&撮影スポット4選 » インスタ映えする金沢の観光名所を紹介! » 着物でまわる兼六園

着物でまわる兼六園

兼六園のおすすめ撮影スポット

兼六園園内の様子

金沢の名勝・兼六園は、日本を代表する大名庭園の一つ。

広大な園内は見どころ満載で、特に撮影スポットとして外せないのが、下記で紹介している3つのスポットです。

霞ヶ池

【兼六園】霞ヶ池

兼六園の中心部に位置する最も大きな池です。周辺には植木や銘石などが配置されており、池の周りを歩きながら兼六園内の四季の移ろいを楽しむことができます。

根上がり松

【兼六園】根上がり松

根を大きくあらわにした地上2mの巨大な松の木。約40本もの根が盛り上がっている様子は迫力満点です。

噴水

【兼六園】噴水

日本最古といわれる特徴的な形の噴水。霞ヶ池との高低差による水圧を利用して水が噴き上がる仕組みになっています。

どのスポットも着物姿が映える絶好のロケーションとしてたいへん人気があります。

着物レンタルをして散策する際の注意点
兼六園石畳

兼六園の敷地は広いですから、歩く距離もかなりのものになります。普段着ている洋服とは構造が異なり、走ったり大きな歩幅で歩いたりすることはできず、慣れない下駄に四苦八苦することも。

できるだけ負担も少なく楽に歩けるようにするには、下駄選びが大事。ジャストサイズよりもちょっと小さめサイズで、鼻緒は太くゆったりとしたものを選ぶといいでしょう。小さめの下駄は脱げにくく、太い鼻緒は指の間にかかる負担を分散してくれるので痛みも感じにくくなります。

また、鼻緒に絆創膏専用テープなどを貼ると、それがクッションになり、長時間の歩きも苦になりません。

兼六園から一番近い着物レンタル店
「金沢きもの花恋」
金沢きもの花恋公式サイト

上記画像から公式サイトへ

兼六園から徒歩5分の位置にある「金沢きもの花恋」。女性用だけでなく男性用の着物もサイズが豊富で、カップルでの街歩きにも最適です。雨用のお履物や雨傘の用意もあるので、雨や雪の多い金沢でも安心です。思い出のフォトサービスプランもありますので、プロに撮ってもらうのもいいですね。

金沢きもの花恋の
公式サイトをチェック

「兼六園」という名の由来

兼六園入口

兼六園という名は、中国の宋の時代の書物「洛陽名園記」に記載されている、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望という景観の六勝を兼ね備えていることからきています。いくつもの池と土で築いた山、そして御亭からなる「築山・林泉・廻遊式庭園」とも言われています。

兼六園近くの金沢城公園もオススメ!

金沢城入口

加賀百万石のシンボルである金沢城がある「公園」にも近く、兼六園から続けて訪れたい場所。前田利家によって建城された金沢城は、明治2年(1869年)まで加賀藩前田家14代の居城でした。
度重なる火災で「石川門」と「三十間長屋」以外は全て消失してしまいましたが、古絵図や古文書などからできるかぎり忠実に再現されています。白いお城は写真映えも素晴らしく、着物での撮影には欠かせない人気スポットになっています。

インスタ映え
間違いなし!

金沢のおすすめ撮影スポット
&着物レンタル店4

イメージ

引用元HP:金沢きもの花恋
https://www.kimono-karen.jp/

着物レンタルなら行きたい観光地から近い店舗がおすすめ!

着付けがしっかりした状態で写真を撮るなら、着物レンタル店舗は行きたい観光地に近い店舗を選ぶのがおすすめです。そこで金沢のおすすめ撮影スポットと各スポットに近い着物レンタル店舗を4選ピックアップしました。

観光地&店舗4選の
詳細はこちら